このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→タイムスタンプ

タイムスタンプとは

電子時刻認証

電子データにおける確定時刻にデータが存在していたことを証明する認証技術

またデータが不正改ざんされてないことも証明できます

【認証技術の必要性】

情報技術社会が急速に発展する一方、電子データは修正や複製といった編集が容易であり不正に改ざんした場合でも痕跡が残りません。 技術的に安全性を保証し利用者が確認できる仕組みを構築するため認証技術は必要不可欠です


【タイムスタンプ技術】

電子署名認証のみの場合、作成者は特定できるもののデータがいつの時点で存在していたのか時間軸が信頼できません。時刻認証はデータ自体に確定時刻(事象があった時間)を電子的に刻印し証跡を残すことで利用者へ安全/信頼性を確保します

時刻認証は紙文書と同じ"信頼できる第三者からの通信日付印"を刻印する考えであり、主に存在証明(確定時刻にデータが存在していた証明)と完全性証明(不正改ざんがないことを証明)を明示することができます


【関連項目】ウォーターマークとは

【検索画面】に戻る

(時刻認証は必要?)

タイムスタンプの必要性(詳細)

←仕組みをイラスト化

<(_ _)>

防犯カメラの認証スタンプ(詳細)

←動画も当然スタンプあり

特に防犯カメラは映像証拠になりますので様々なスタンプ押されまくり!

防犯カメラ映像配信中
上へ移動