このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→コーデック

【コーデックとは】

動画符号/復号化

映像や音声など符号圧縮化/復号伸長化を行う装置やソフトウェアなどの総称

語源は符号化(COder)/復号化(DECoder)及び、圧縮(COmpression)/伸長(DECompression)の略語

【動画ファイルの仕組み】

普段目にする動画と呼ばれるものは映像データ+音声データの2種類で組み合わされており、同時に再生することで正常な動画として見ることが出来ます

画像と音声データは動画型式である”コンテナ”という定義の箱に格納されていますが、コンテナには種類があり収納できる動画タイプとルールが異なります。例えば字幕や副音声・音響効果など複数のデータもコンテナに格納されていることがあります。 この種類を表すものが「拡張子」と呼ばれ、コンテナ種類の識別や動画を再生するための基準になります


【データのコード化/デコード化】

動画の映像データは、連続した静止画をパラパラマンガのように連続再生するため、そのままの状態ではデータ量が多すぎて取り扱うことが難しくなります。 そこでデータを1/10~1/100以下に圧縮し、更に符号化(Code)する必要があります。これはデータを解凍した時、符号化された部分を復号化(DECode)することで画質の劣化を軽減しているからです。 この圧縮&符号化→伸長&復号化の流れがコーデックです。コーデックを1つのカギに例えると"同じカギでコンテナを施錠(圧縮)して、また解錠(解凍)する"イメージとなります

なお圧縮技術は日を追うごとに新たな方法が開発されているため様々なコーデックが存在します


【可逆圧縮と非可逆圧縮】

動画をコーデックする際、可逆/非可逆圧縮の2つに大別されます

可逆圧縮とはファイル圧縮率は低いものの、デコード後も完全に映像品質を復元することが可能です。 反対に非可逆圧縮はファイル圧縮率は高いもののデコード後は元の動画に比べ映像品質が劣化しており復元はできません。なお非可逆圧縮同士のデコードでは劣化が著しくなります


【関連項目】エンコード(エンコーダー)とは

【検索画面】に戻る

(コーデック4コマ劇場)

動画変換圧縮(コードの様子)

←コード化作業のイメージ

ちょっとシュール・・・(反省)

動画変換解凍(デコードの様子)

←動画ってホント色々工夫してる~!

動画コーデック実験(圧縮例)

←それぞれコーデック変換してみたよ

コーデック比較表(詳細)

←各コーデックの特徴を比較

なるほど ザ・コーデック!!

(*^^)v

防犯カメラ映像配信中
上へ移動