このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→ガス検知センサー

【ガス警報器とは】

ガス警報器 空気中の目に見えない「ガス」を検知し警報を出力するセンサー。

ガスの種類は主に可燃性・毒性・冷媒・溶剤に大別されセンサー検知方式も様々です。当社の考える"防犯機器"とは異なりますが、生活の場における必要不可欠なガス類に今回は限定し、ガス検知の仕組みをご説明します。

【ガス警報器の歴史】

1952年6月より一般家庭に販売されるようになったLPガス"可燃性ガス"は、急激な販売増加の一方で保安意識はまだまだ低く、また安全器具などの技術もなかったため火事やガス事故なども比例的に増加しておりました。

当時の「ガス漏れ」をいち早く知らせる検知技術として”石炭鉱山用ガス検知器”が存在しており、メタンガスを検知する装置はあるものの筐体は大きく高コストであることから一般家庭向けとして不向きでした。

しかし1963年、当時テレビ・ラジオなど可変抵抗器を製造するメーカーが製品を出荷前検査したところガスの影響により偶然"炭素被膜抵抗値が桁外れに変化する"現象が発見されたことがキッカケとなりガス警報器の小型・低コスト化開発を進めることとなりました。

【ガス検知の種類と仕組み】

・半導体方式

酸素と結び解きやすい還元性ガス(水素・一酸化炭素・硫化水素など)を検知する方式です。

検知器に内蔵されている"酸化スズ"の表面の電子が酸素との結合により常に電気の流れにくい状態にあります。そこに還元性ガスが充満すると、今度は酸化スズ表面の酸素がガスに反応し結合するため電気が流れやすい状態に変化します。 カンタンに言うと「回路に電気が流れた」=「ガスを検知した」という仕組みになります。

・接触燃焼式

可燃性ガス(LPガス・都市ガスなど)を検知する方式です。

可燃性ガスに対して反応する"検知片"及びガスに反応しない"補償片"が内蔵されており、検知片は常にヒーターで熱せられた状態で待機します。可燃性ガスが充満すると、検知片で燃焼し温度上昇・抵抗値が増加し続けます。 一方、ガスに反応しない補償片は抵抗値が変化しないことから「検知片の抵抗値」-「補償片の抵抗値」の差を読み取り”ガス濃度レベル”まで判別することが可能となります。

・電気化学式

センサーは貴金属触媒(イオン伝導体)と対極で出来ており、空気中に有害な一酸化炭素が充満すると触媒表面のイオンが引き寄せられ化学反応で二酸化炭素または水に変化します。 またイオンが動くと同時に"電気の通り道"ができるよう設計されているため「対極側から電気が流れた」=「一酸化炭素を検知した」という仕組みとなります。

【関連項目①】警報制御装置とは

【関連項目②】アコースティックガラスセンサーとは

【関連項目③】金庫センサーとは

【検索画面】に戻る

(ガス警報器をカンタン説明)

ガス警報器の特徴(特徴) ←一般的に使用されているガス警報器です。

近年のご家庭"台所"には必ず設置(無いとヤバイぞ)

昭和の時代に比べると、だいぶコンパクトで安価です

半導体式ガスセンサーの仕組み(詳細)

←"半導体式ガスセンサー"の仕組みです。

ん~文章だけではなかなか・・・と思いまして

動作原理をカンタンに作ってみました( ˘ω˘ )

接触燃焼式ガスセンサーの仕組み(詳細)

←お次に"接触燃焼式センサー"の仕組み

名前の通り、いろんな意味でアツいヤツ!

アチチ(-_-;)

電気化学式ガスセンサーの仕組み(詳細)

←最後に"電気化学式ガスセンサー"の仕組み

この仕組み"どう表現する"のか非常に難しかった

理解できますかね~(~_~;)

監視カメラ映像配信中
上へ移動