このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→HDMIケーブル

【HDMIケーブルとは】

HDMIケーブル

HDMIとは映像/音声/制御信号をデジタル信号で伝送する通信インターフェースの標準規格

パナソニック・東芝・ソニーなど国内外の7社が共同で策定した次世代の"デジタル家電向け"通信規格となります。

【HDMIの概要】

パソコンとディスプレイの接続標準規格であるDVIをベースに音声重畳(音声同時伝送)機能や、著作権保護機能(デジタルコンテンツ等の不正コピー防止)・その他制御機能を加えたデジタル家電向けの通信規格となります。

以前から存在するRCA端子やD端子とは異なりHDMIは非圧縮デジタル映像と音声を伝達するため画質/音質とも理論的に劣化することがありません。リンク対応のデジタル家電同士の接続においては互いに"連動動作"することも可能です。 また業務使用の機器においてはHD-SDI(High Definition Serial Digital Interface)という規格が存在します。

【HDMIの規格】

HDMIデバイスは各バージョンの仕様により”伝送速度”や”描写能力”などが異なります。

・HDMI1.0~1.1→色深度:24bitのHD(1280×720)及びフルHD(1920×1080)対応

・HDMI1.3~1.3a→色深度:48bitまでのHD/フルHD映像/WQHD(2560×1440)対応

・HDMI2.0~2.0a→色深度:48bitまでのHD/フルHD/QHD/4K(3480×2160)対応

なおHDMIのデバイス規格によってケーブルの選定も注意が必要です。スタンダードタイプも通常使用することは可能ですが、フルHD以上の高画質や3D映像などのコンテンツを使用する場合、"ハイスピード・3D対応"タイプを使用する方が無難といえそうです。

【HDMIケーブルの距離】

市販されている通常のHDMIケーブルは"パッシブタイプ"と呼ばれあらゆる用途で使用できます。しかしケーブル長が5mを超えると信号強度が弱まり、映像ノイズ発生など本来の性能を発揮することができません。 5mを超える場合、別売の"延長器"を使用します。最近ではケーブルに映像調整イコライザーが内蔵された"アクティブタイプ"ケーブルが開発され最長100mまで延長可能にしています。

【関連項目①】アナログHDとは

【関連項目②】RCA端子(ケーブル)とは

【検索画面】に戻る

(HDMI:入門編)

HDMIケーブル種類(詳細)

←HDMIケーブルって言っても用途に応じて種類も様々・・・

mini/micro USBと間違えやすいので注意が必要でござる。

私も1度間違えた(-_-;)

HDMI変換アダプター(詳細) ←これはHDMIへ変換するアダプター類

異なるケーブルをHDMI端子へ接続することができます。

しかしアダプターによって本来の性能を出すことが出来ないものもあるため注意が必要(;^ω^)

HDMI延長器(詳細)

←これはエクステンダー(延長器)です。

HDMIケーブル(パッシブ)は規格上5mまでが限界!5m以上はあくまで自己責任ですぞ・・・(-_-;)

その場合、延長器やアクティブタイプケーブル使用をオススメ!

監視カメラ映像配信中
上へ移動