このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→IPアドレス

【IPアドレスとは】

IPv4/IPv6

ネットワーク通信端末はデータの送り先を識別するため個体ごと必ずアドレスがあります

この関係は”手紙”を郵便局から個人へ配達する関係によく似ています

【IPアドレスの仕組み】

IPアドレスの表記法には規則があります。 デジタルの数え方(1か0:2進数表記)で変換すると8ケタの4組(合計:32ケタ)を.(ドット)で区切り構成されます↓

(例)11000000.10101000.00000001.00000001・・・とても覚えきれるものではありません。入力や管理にとても苦労します

そこでアドレスを一般的なモノの数え方に使う”10進数表記”に変換してみます

なお.(ドット)の区切る条件はそのままで上記の例を変換してみると・・・


(10進数へ変換)192.168.1.1

おやっ!かなりスッキリしました。この表記方法はIPv4(IPバージョン4)表記と呼ばれ、全部で約43億パターン生成することが可能です

【IPv4アドレスには枯渇問題がある】

約43億パターン生成することが可能なIPv4ですが、現代社会はスマホ・パソコンなど「1人1台以上」持つ時代。インターネットの爆発的な普及の背景を考えると意外に小さい数というのが現状です(※2011年2月に事実上枯渇) そこで以前から開発が進められてきたIPv6(IPバージョン6)の普及を開始してIPv4とともに共存しているのが現状


【IPv6は結構スゴイ!】

IPアドレスを2の128乗(=約340澗)まで使えるようにしたのが最大の特徴です。単位は(澗:カン)。340澗とは"340兆の1兆倍×1兆倍"パターンという途方もない天文学的な数です。 世界人口から考えた場合、1人当たり「4京8,600兆×1兆倍」割り当て可能で枯渇問題は当面ないと考えられます。またIPv6の表記法にも規則があります。 128ケタを4ケタずつ数字0~9と英文字A~Fの16文字(16進数表記)を組み合わせて:(コロン)で区切り表現します

(アドレス表記例)4060:12DE:20AC:0:0:0:0CB0:802C

また上記アドレスに数字「0:ゼロ」が続く場合、更に省略が可能というルールあり↓

(短縮表記例)4060:12DE:20AC::0CB0:802C

・・・逆に難しい仕組みです(-.-)


【検索画面】に戻る

(IPアドレス探検隊!)

2進数⇔10進数変換(計算方法)

←ご質問あったので追加!

v(^_^)

コマンドプロンプト画面(拡大)

←まず身近なPCで確認(OS:Windowsの場合)

"コマンドプロンプト"を起動して"ipconfig"と入力しENTERボタンを押すとアドレスが確認できます

?同じ端末なのにIPv4とIPv6の2つのアドレスが存在。これは互いに"互換性ない"ため双方の表記しています(今後の課題であるそう・・・)

スマートフォン画面(拡大)

今度はスマートフォン

なかなか見る機会がないので探しまくると

"詳細情報"からIPアドレスを確認~

プリンター画面(拡大)

←長年愛用しているプリンター

ほらっ、ココにも!このようにネットワーク通信する機器は必ずIPアドレスが存在します

防犯カメラ映像配信中
上へ移動