このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→最低被写体照度

最低被写体照度とは

最低被写体照度イメージ

カメラなど撮影する装置は照度の低い環境でも、ある一定以上の画質を保ちながら撮影できる機能のことであり、設置環境に対してカメラの選定基準にもなります。

【照度(明るさ)の基準】

照度とは人間の目で感じる明るさのレベルの事を指します。単位はLux(ルクス)、略記号:lx

照度(Lux)は数字が大きいほど明るく、逆に小さいほど暗くなり"0Lux"になると完全な暗黒状態になります。似た単位でlm(ルーメンス)がありますが、これは”照明器具自体の明るさ”を示すものであり照明器具を設置した環境下ではLuxを使用します。一般的な照度の目安は下記ご参照下さい。

・真夏の晴天時の屋外または雪山/海岸など→100,000Lux以上

・曇天時の日の出→10,000Lux程度

・蛍光灯(30W)を使用した部屋の明るさ→300~1,000Lux程度

・一般街灯下→100Lux程度

・ろうそく/ガスライター→10Lux程度

・月明り→0.5~1Lux程度

・星明り→0.01~0.1Lux程度

となります。

【防犯カメラと照度の関係】

防犯カメラはその目的から、あらゆる環境下でも最適に撮影する必要性があります。照度の低い場所や夜間などの撮影が想定されるため、赤外線LED搭載型カメラの導入が一般的です。

赤外線LEDを照射することにより0Lux環境でも撮影可能ですが、LEDには照射距離限界があるため限界を超えた領域では暗くなります。対策として更に強力なLEDや補助灯など設置を図ります。 近年ではスターライト(またはスタールクス)機能搭載の超高感度型カメラが誕生しており星あかり程度の"わずかな光"を増幅・撮影を可能にしておりますが、 増幅レベルが強すぎると被写体に残像現象が発生するため調整には注意が必要です。

【関連項目①】LED/発光ダイオードとは

【関連項目②】可視光線とは

【検索画面】に戻る

(低照度環境での撮影実験)

夜間撮影(ノーマル)(詳細)

←カメラの最低被写体照度を超えるとこうなります。

まともに撮影できませんぜ・・・(-_-;)

夜間撮影(赤外線LED搭載カメラ)(詳細)

←一般的に普及してるカメラです。

だいぶ低照度撮影に強くなりましたが、LED照射距離には限界がありますので広範囲の撮影では気をつけましょう

夜間撮影(スタールクスカメラ)(詳細)

←一応以前から存在していたのですが、最近はスペックが良くなり驚きました。

今後は主流になりそうですね(-.-)

スタールクスカメラ(VNN61S54XR)サンプル動画掲載中!

監視カメラ映像配信中
上へ移動