このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→LED(発光ダイオード)

【LED/発光ダイオードとは】

LED(発光ダイオード)

LEDとは順方向に電圧を流すと光に変換するダイオード(半導体素子)です。なお逆方向に電圧は流れません

LEDも様々な種類があり特に"赤外線LED"は監視カメラの夜間撮影技術に使用されています。正式名称はLight Emitting Diode

【赤外線LEDの役割】

赤外線は700~1500nm程度の波長の光であり通常、人間の目で見ることのできない"不可視光線"となります。

防犯機材の観点から考えた場合、夜間時に通常の明かり(可視光線)を点灯させると場合によっては近隣に迷惑になることも想定されており、多くの監視カメラは"赤外線LED"を採用しています。 また監視カメラは人の目と違いファインダーを通すと通常の光と同じように明るく照らすため、例え"暗黒状況下"であったとしても撮影を可能にしているという仕組みです。

また赤外線LEDを使用した代表的な"操作リモコン"などの装置に搭載されています。リモコンのボタンを押しながらデジタルカメラのファインダーを覗くと送信部のLEDから発光(点滅)していることが確認できます。 これを応用するとLED送信部の不具合や故障診断などに役立ちます。

【関連項目】可視光線とは

【検索画面】に戻る

(赤外線LEDを使用した夜間撮影技術)

赤外線LED作動イメージ(詳細) ←監視カメラの"夜間撮影"技術として赤外線LEDを搭載している機種が最も主流。

レンズ周りにビッシリ搭載し明暗センサーで自動ON/OFFします。不可視光線のため見えません(※厳密には乱反射で薄っすら見える)だからといって直視はNGです!(-_-;)

準備したもの(拡大) ←さて今回も必要な映像機材を調達(^◇^)

1、監視カメラ用テストモニター・・・1台

2、監視カメラ(赤外線LED搭載)・・・1台

3、カメラ固定できるスタンド・・・1台

4、各接続ケーブル・・・少々となります。

赤外線LED実験①(赤外線OFF映像) ←撮影場所はオバケがでると噂の工事部倉庫

疑似的に"夜間状況"を作るならココは最適・・・

まずカメラの赤外線LED機能をOFFにして倉庫の照明を切ります・・・がもはや暗すぎて歩くことも困難!

誰か助けて下さ~い (;´Д`)/

赤外線LED実験②(赤外線ON映像) 本題の赤外線LEDの効果を確かめます。

映像は自動で白黒モードになりますがLEDの効果は一目瞭然!また白黒映像にも意味があって、低照度環境での撮影ではカラーだと逆に見えにくい現象となるからです(白黒映像で感度UP)

深海魚がカラフルなのは"暗黒環境"で目立ちにくく進化しためだとか(;^ω^)おわり

監視カメラ映像配信中
上へ移動