このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→Onvif

【Onvif(オンビフ)とは】

onvifロゴ

IPネットワークに接続されるビデオ機器において映像や音声、各制御など異なるメーカー製品間で互換性と相互運用性を高めるための標準規格または共通プラットフォームとなります。

Onvif=Open Network Video Interface Forumの略

【ネットワーク接続プロトコル】

IPネットワークに接続されるビデオ製品はストリーム映像・音声・各制御など開発するメーカーにより通信の手順や規約が異なります。 そのため機種に応じた"プロトコル"が必要になりますが、対象の機種がプロトコルリストにない場合は接続自体困難となります。 対策としてファイルのアップデートなどで毎回プロトコルを追加していく必要があります。

しかし世界規模で考えると数多くのメーカーが日々新たなラインナップを輩出しており、プロトコルの数も膨大になります。これら全てのメーカーをファイルリストに組込んでいくことは、現実的に難しいといえます。

【標準規格の策定】

ネットワークビデオ製品の互換性を高めるため、老舗メーカーであるAXIS(アクシス)/BOSCH(ボッシュ)/SONY(ソニー)の3社により2008年に業界団体を設立。異なるメーカーでのビデオ製品を柔軟に接続・運用する目的で標準規格を策定しました。 これによりユーザーはブランド問わず様々な製品を利用してネットワーク映像システムを構築可能となります。高い利便性を持つOnvif規格は現在世界中のネットワークビデオ製品メーカーより支持され、2015年時点で約500社のメーカーが業界団体に賛同しています。

【Onvifファイルの種類】

Ver1.0/Ver2.0/Ver2.4

初期のOnvif規格。バージョンが異なるプロファイルが相互に通信できない問題があったため現在は下記の4種類に分類変更されています。

1.プロファイルS

2011年リリース。主にネットワークカメラ向けの規格で映像機器の通信及び制御プロトコルを標準化。映像/音声/PTZ/リレー制御に対応するルールを定めています。

2.プロファイルC

ネットワークカメラとドア及び、アクセスポイントとの通信制御ルールを定めています。しかし使用機器が限られるため殆ど利用させず。

3.プロファイルG

2013年に発表され2014年に標準化。プロファイルSの内容に"録画検索"におけるルールを追加しています。

4.プロファイルQ

2016年リリース。標準規格を拡張しデバイスの検出/設定/データ認証/データの完全性/セキュリティの強化を実現。

5.プロファイルT

2018年リリース。プロファイルQの規格に動画コーデック(H.265)と音声双方向を標準化。これにより高度で高精細なビデオストリーミングを実現。

なおOnvif規格の策定により接続互換性は日々向上しておりますが、それでも一部互換性がない機器が存在していることから全てのメーカーで準拠しているわけではないようです。

【関連項目】圧縮方式(動画)とは

【検索画面】に戻る

(Onvif接続の利便性)

プロトコル接続の場合(詳細)

←ひと昔前は全て"プロトコルファイル"に依存しており、互換性の有無を調べるのに苦労しました~(-_-;)

しかし"完全性"を求めるとプロトコル接続がまだまだ無難です。

Onvif接続の場合(詳細)

←どのカメラでも"共通設定"になりスゴ便利!

しかし機種によって機能が限定されるため、やはり「試してみないと分からない」のがOnvif接続の現状かな。より高度なIP接続にはFTPやRSTP・RTPも存在しますがまた別の機会にいたします(;^ω^)

監視カメラ映像配信中
上へ移動