このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→RS-485

【RS-485とは】

RS-485ピン配列 RS-485とは国際標準化機構(ISO)によって策定された"OSI参照モデル"の物理層にあたる電気的通信仕様の名称。

主に2線式/半2重/マルチポイント接続を特徴とするシリアルインターフェース通信の一種です。

【RS-485の仕組み】

RS-485の規格は、2線間の電圧の違いによってどんなデータを伝送するかを表現する"差異信号"方式を使用してます。 例えばケーブルの+(プラス)側と-(マイナス)側での電圧の差が0.2V以上、かつ+12Vから-7Vまでの範囲電圧であれば正しい信号と認識されます。

同じシリアルインターフェース通信である"RS-232C"の1対1通信や"RS-422"の1対多通信とは異なり、"多対多"のマルチポイント接続通信を可能にしています。 またツイストペアケーブルを使用した平衡型伝送(デュファレンシャル)を採用しているため非平衡型に比べノイズに強くより長距離な高速通信に対応しています。 防犯機材でもPTZカメラやコントローラーの操作信号ラインや、各設定のコマンドラインに幅広く使用されています。

【検索画面】に戻る

(RS-48のおさらい)

各シリアル通信の比較(比較表) ←各シリアル通信を比較してみました。

ちなみにRS-422はあの有名なアップル社が開発したものらしいよ

シリアルポート(詳細) ←通信端末といえばパソコン。よく見ると・・・

使うことはほぼ無いですが一応搭載されています

(おそらく名残りかな~)

RS-485ポート②(拡大) ←これは監視カメラ用録画装置(レコーダー)です。

主にPTZカメラやコントローラーの"操作ライン"として搭載されています。

監視カメラ映像配信中
上へ移動