このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→S.M.A.R.T

S.M.A.R.T(診断機能)とは

S.M.A.R.Tイメージ

ハードディスク・SSDなどのストレージ製品に搭載される自己診断機能のこと。またその仕様のこと

Self-Monitoring Analysis and Rporting Technologyの略

【ディスクドライブと障害予測】

ハードディスク/SSDなど記録ストレージはコンピューターなどのデジタル端末にとって不可欠なOS(基本ソフトウェア)や各種データを保管する役割があります。しかし構造上、劣化/消耗するユニットでもあり故障するとシステムの不具合やデータの欠損など重大な障害を与える可能性があります。

そのためディスクドライブには診断機能(S.M.A.R.T)が搭載され各検査項目をリアルタイムで自己診断を行い状態を数値化します。ユーザーはこの数値をもとに障害の早期発見・故障の予測を知ることが可能となります。なおモニタリングするには診断ツールが必要です。

各検査項目の数値はディスクドライブの製造元やラインナップでも異なります。S.M.A.R.Tで全ての故障を予期することは出来ませんが、劣化/消耗具合を判別するには非常に有効な手段となります

【S.M.A.R.Tで分かる主な検査内容】

・基本情報→接続インターフェース/容量/ファームウェア/製造番号など

・使用状態→電源投入回数/使用時間/温度など表示

・リード/ライトエラーレート→ディスク内のデータ読書きできなかった領域の割合

・代替処理数→読み込みできなかったデータを予備エリアへ移動(代替処置)させられた回数

・シークエラーレート→磁気ヘッドが目的のデータ部分へ移動したが失敗した割合(HDDのみ)

・スピンアップ時間→ディスクが通電回転を開始して既定の回転数に達した平均時間(HDDのみ)

・キャリブレーション再試行回数→熱のよるオフトラック現象を補正したが失敗した回数(HDDのみ)

・スピンアップ再試行回数→ディスクを規定の回転速度まで向上を試みた回数(HDDのみ)

・総書き込み量→使用開始からデータを書き込んだ総量(SSDのみ)

【関連項目】OS/組込み型OSとは

【検索画面】に戻る

(S.M.A.R.Tを利用してみる)

内部HDDを診断(診断結果)

←S.M.A.R.T診断には診断ツールが必要です

ツールは色々あるけどオススメはCrystal Disk Infoかな~

分かりやすくてGood!(゜-゜)

外部HDDを診断(診断結果)

←PC以外の外部ストレージも診断OK

今回は使い古したディスクを診断したら注意表示(;゚Д゚)

こうなると即交換です(使わないほうがいい)

監視カメラ映像配信中
上へ移動