このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→スピードドームカメラ

スピードドームカメラとは

スピードドームイメージ

主に追跡監視を目的とした高速旋回型カメラのこと

旋回能力を活かした様々な機能を搭載していることからコンビネーションカメラとも呼ばれます。

【PTZカメラとの違い】

通常のPTZカメラはレンズ部分がPAN(パン:横旋回)・TILT(チルト:縦旋回)・ZOOM(ズーム)がリモートで操作でき広いエリアを監視可能です。それに加え対象物の"早い動き"に対応できるよう高速旋回動作を併せ持つカメラのことをスピードドームカメラと呼びます。

スピードドームカメラの旋回速度は1秒間で360°の高速旋回を行うことから別名:ファストドームカメラとも呼ばれます。 カメラの制御には専用リモコンやコントローラーからカメラ本体へ1本の制御ケーブルで接続して操作を行います。通信インターフェースは主にRS-485方式を採用しており、制御信号は各プロトコルに依存します。 制御プロトコルはメーカー独自で開発された"専用型"から、PELCO D/Pのような一般的に普及している"汎用型"があり事前に仕様を確認する必要があります。

なおドーム形状のデザインが多いのは本体よりもレンズ部のみ可動させるほうが効率がよいことと、カメラがどの方向を見えいるのか外観目視で分かりにくいよう考慮されている理由からです。

【スピードドームカメラの主な機能】

・ホームポジション→一定時間操作がない場合、指定の撮影アングルへ戻ります。

・プリセットポジション→事前に撮影ポイントを記憶させ、ワンタッチボタンで再現。

・オートツアー→記憶したプリセットポジション順に撮影ポイント旋回。

・オートスキャン→旋回操作を行った軌道を記憶して同じ動きを再現。

・オートパン→延々と横旋回動作を繰り返します(旋回速度・上下角度も可変可能)

・プライバシーゾーン→撮影したくないエリアを記憶させ座標ポイントに自動マスキング

・アラーム連動→センサーなど接続/感知した際、連動して指定ポイントへ旋回します

・モーション連動→"移動体"と"大きさ"の条件を照合して自動追尾撮影

【導入の注意点】

他の監視カメラと同様、レンズの真下または真後ろはどうしても撮影死角になります。撮影環境に合せて固定カメラ(定点撮影型)を配置する必要があります。

また操作するオペレーターがいない場合、満足に性能を発揮することが出来ません

【関連項目】RS-485とは

【検索画面】に戻る

(スピードドームカメラの豆知識)

接続構成(詳細)

←カメラ種類によっては3つのケーブルを使うよ

様々な外観デザイン(詳細)

←もはや"ドーム型"のカケラもないヤツがいる~(^_^;)

世の中面白いデザインを考える方もいたもんだ!

監視カメラ映像配信中
上へ移動