このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→アナログHD

【アナログHDとは】

同軸ハイビジョンカメラ映像チップ

これまで長年親しまれたアナログ方式(CVBS)カメラと同じ同軸ケーブルは使用するものの従来に比べ3~4倍の高解像度映像を出力する新世代の映像伝送方式

各機器に専用の送信・受信チップセットを搭載しておりハイビジョン映像を再現します

【同軸デジタルHDカメラの登場】

監視映像に高画質化の関心が高まる中、従来のアナログ(CVBS)方式カメラは映像規格の限界点がありました。 2006年頃に業務放送用カメラ規格から派生したHD-SDIではアナログ方式カメラと同じ"同軸ケーブル"を共通で使用でき、かつリアルタイムで映像出力する利点から第3の防犯カメラと呼ばれました

しかしHD-SDIの伝送方式は高い周波数のビットストリーム(1.4835Gbpsまたは1.485Gbps)をデジタル非圧縮伝送するため、伝送信号の減衰が大きく"同軸ケーブル種類や施工方法、ケーブル距離について制限があります。大規模な監視物件ほど施工が難しくケーブルの最大延長距離を超える場合は、専用の延長器(リピーター)が必要になる場合もあり意外な難点があります


【同軸アナログHDカメラの登場】

2014年になるとチップ開発競争が激化。"安価で高機能なチップセット"が登場した事がキッカケとなり新しい映像伝送規格が次々登場します。同軸ケーブルを使用する点は同じですが低価格帯でハイビジョン画質を実現。 またアナログ伝送技術を応用した低い周波数のストリーム伝送により、同軸ケーブル種類に制限はなく300~500m長距離延長が可能となりました


【アナログHD規格/種類】

AHD(Analog High Definition)

NEXT CHIP社(韓国)が開発した映像チップ搭載のカメラ総称。現在最も普及している同軸ハイビジョンカメラの規格となります

HD-TVI(High Definition Transport Video Inetrface)

Tech Point社(米国)が開発した映像チップ搭載のカメラ総称。映像はHD-SDIと比べて遜色ないほどシャープであり高性能です

HD-CVI(High Definition Conposite Video Interface)

Dahua社(中国)が開発した映像チップ搭載のカメラ総称。HD-TVIと同時期に登場しTVIとほぼ同等性能を誇ります

【アナログHD規格の注意点】

従来のアナログ(CVBS)カメラと異なり、直接テレビ端子に接続しても映像は出ません(専用チップが非搭載のため)また他のアナログHD規格に互換性はありませんが近い将来、規格は統合されると予測されます


【関連項目①】NTSC(映像規格)とは

【関連項目②】CVBS(コンポジット)映像とは

【検索画面】に戻る

(そこでこんな実験やってみた)

AHD-TVIクロスマッチングテスト(拡大)

【実験内容】

「テーマ:アナログHD同士はホントに互換性はない?」

【今回用意したもの】

・AHDカメラ/AHDレコーダー×各1台

・TVIカメラ/TVIレコーダー×各1台

元の基本映像(拡大)

まず事前にセッティング

判別基準となる映像を撮影

TVIカメラ→TVIレコーダーへ接続

AHDカメラ➝TVIレコーダー接続(実験詳細①)

次にAHDカメラ→TVIレコーダーへ接続

なんじゃこりゃー!(゚Д゚;)

一応画像は出るようです

TVIカメラ➝AHDレコーダー接続(実験詳細②)

次にTVIカメラ→AHDレコーダーへ接続

一応画像は出るようです

この実験からハッキリ互換性ありません(おわり)

防犯カメラ映像配信中
上へ移動