このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→撮像素子(イメージセンサー)

撮像素子(イメージセンサー)とは

撮像素子イメージ

光を電気信号へ変換する素子でカメラの"目"の部分にあたります。光など可視光線以外にも紫外線/X線なども見ることが可能な素子も存在します(別名:イメージセンサー)

【撮影の仕組み】

撮像素子(イメージセンサー)は現在のデジタルカメラ全般に内蔵されており、撮像素子の性能が撮影画像性能に直結する重要なユニットです。

まず被写体の光がレンズを通しイメージセンサーへ到達するとセンサーは受けた光を電気信号へ変換し色を分別します。その色パターンの集合体が画像という訳です。 撮影用途によりイメージセンサーは大きさが異なり、大きいものではフルサイズ(36×24mm)から最小は1/2.5型(5.6×4.2mm)が存在します。例えば画質性能が同じカメラでもイメージセンサーが大きいほど光を取り込む面積も大きくなるため、より迫力ある画像を再現できますがコスト面も増大します。 監視カメラの分野では1/4~1/3型のイメージセンサーが採用されています。

【イメージセンサーの種類】

CCD(Charge-Coupled Dvice)方式・・・センサーに内蔵されているフォトダイオード(半導体)が受けた光を電気信号へ変換し最終的に出力回路で増幅&伝送します。 低照度撮影に強い長所がありますが、短所は構造上ノイズ影響を受けやすいこととコスト面で比較的高価である点です。

CMOS(Complementary MOS:シーモス)方式・・・センサーに内蔵されている各フォトダイオード自体に増幅回路(アンプ)が取り付けられており、受けた光を電気信号へ変換し増幅して伝送します。長所はノイズに強くコスト面で安い点ですが、低照度撮影では残像現象が発生する短所があります。

以前はCCDのほうが画像再現度が高いため高性能デジタルカメラなどに搭載されておりましたが、技術の進歩によりCMOSはCCDと変わらない性能になってきているようです。

【関連項目】解像度(画質)とは

【検索画面】に戻る

(イメージセンサーの仕組み)

イメージセンサーの仕組み(詳細)

←CCDとCMOSの映像再現方法がコチラ

現在CMOSが主流になりつつあります(゜-゜)

CMOS製造はなんとSONYが世界シェアNo1!

CCDとCMOSを見比べる(センサー見比べ)

←CCDとCMOSは画像再現方法が違うので見た目も違うのでは?

CCD・CMOSを搭載した防犯カメラを見比べます

監視カメラ映像配信中
上へ移動