このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→インターレース

【インターレース方式とは】

インターレース方式

インターレース方式とは、テレビや放送技術など映像描写に使用されている伝送方式です。

奇数番目の走査線を先に伝送し偶数番目の走査線が後追いし、まるでレースを編むように1枚の"絵"を完成させることから由来しています。別名"飛び越し走査"とも呼ばれます。

【インターレーススキャンの特徴】

ブラウン管テレビやVHSビデオといった映像機器に使用されている伝送方式で、映像の元となる1本の線(走査線)の奇数番目を先に伝送し、後から偶数番目の走査線を送ることで1枚の映像を完成させます。 この奇数番目(または偶数番目)のみの映像を"フィールド"映像と呼び、奇数/偶数フィールド2つ合わさった完成映像を"フレーム"映像と呼びます。2回の伝送で1枚の絵を完成させることから正式には"2:1インターレース"といいます。

【インターレースの利点】

インターレース映像の描画能力は「フレーム周波数の高さ」によって決まります。

日本やアメリカでのテレビジョンの規格(NTSC)では、フィールド周波数(偶数・奇数走査線合わせて60Hz/コマ)でフレーム周波数は30Hz/コマ=完全な動画という形になります。 しかし動画の滑らかさを求めた場合、本来60コマ/フレーム分のデータ容量が必要となりますが、映像伝送系の限界点があるためフレーム周波数を上げて"30コマ分のデータ容量に抑えつつ60コマのような映像表現"を作り出すことができるという特徴があります。

【インターレースの短所】

映像の元となる1本の線(走査線)を順次伝送していることから"早い動き"の映像では一瞬チラツキのような残像現象が起こります。現在でもテレビ放送などで多く使われており、間近で注目して見ると走査線が確認できます。

【関連項目①】NTSCとは

【関連項目②】CVBS(コンポジット)映像とは

【検索画面】に戻る

(踊る?大"走査線")

インターレースの仕組み(詳細)

←インターレースはザックリこんな感じ

2つの"フィールド"映像から1枚の"フレーム"映像を完成。過去には4フィールド=1フレーム規格もあったとか・・・

走査線を可視化(拡大) ←走査線はカメラのファインダーを通すと見えます。

これはカメラのシャッタースピードと走査線の速さ(周波数)のタイミングが合わないからです。こっ、こいつ・・・動くぞ!

(※最近のデジカメは高性能のため手動へ切替え必要)

残像現象①(拡大)

←早い動きの映像ではチラツキのような残像現象が発生

目が悪くなるという都市伝説はコレなのか・・・?(*´з`)

残像現象②(拡大)

←やはり早い動きの映像では残像現象が発生します。

目が悪くなる理由はやはりソコなのか・・・?

おわり

監視カメラ映像配信中
上へ移動