このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器の施工・販売・メンテナンス】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→可視光線

可視光線とは

波長による屈折率の違い

太陽光や電気の光など波長が約380~780ナノメートル程度の光を人が肉眼で感じることの出来る光線。

波長は短いものから紫→青→緑→黄緑→黄→橙→赤の順となる。

【光のスペクトル】

音や匂いなどと同様、私たちが目で見るという感覚は"光が肉眼に入る"ことによって得られる一特性です。光はプリズムに通すと様々な色に分かれる現象から"波長により屈折率が異なる"ということが知られており、これを光のスペクルといいます。 その中で人が感じることが出来る波長が約380~780nm(ナノメートル)程度で、この範囲を可視光線と呼びます。

光の波長は短い方から順に紫(380~430nm)→青(430~490nm)→緑(490~550nm)→黄(550~590nm)→オレンジ(590~640nm)→赤(640~810nm)となります。なお光のエネルギーは波長が短いほど高くなります。

【光を感じる仕組み】

光を感じる仕組みは眼球の奥で反射した際にセンサーとなる"すい体"という器官で赤・緑・青の色を捉え"かん体"という器官で明暗を感知しているためです。しかし光の波長によって目のセンサーに反射しない種類があるため"見えていない"現象が起こります。これを不可視光線と呼びます。

【哺乳類の目】

地球上の生物(鳥類/両生類/魚類/昆虫など)の目は赤・緑・青・紫外線の基本4色で光を捉えています。 また波長の長い"赤外線"や"電波"を捉える動物も存在しておりますが、哺乳類だけは色覚受容体の数が乏しく赤・緑・青の光の3原色のみで光を捉えており、視覚に関しては動物門の中でも特異であるといえそうです。

【関連項目①】RGB/光の3原色とは

【関連項目②】LED/発光ダイオードとは

【検索画面】に戻る

(目に見えない光とは)

可視光の仕組み(詳細)

←小学校の理科実験で光が屈折する現象を思い出しました。人の目で見える光・見えない光も全て"波長"が関係しています。

その仕組みを分かりやすく(^_^)/

可視光線の範囲(詳細)

←"可視光線"とはあくまでヒトが定義したもの。

動物界には見えない光をみるものも存在しており、ひょっとして幽霊なんか見えるのかな?

監視カメラ映像配信中
上へ移動