このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→カメラハウジング

カメラハウジング

カメラ防水ケース

防犯カメラをあらゆる環境下で設置できるよう開発された収納ケース

風雨・埃などから内部のカメラを保護すると同時にハウジング内部には空間が設けられており、稼働に必要な周辺装置も搭載可能です

【カメラハウジングの役割】

防犯カメラは監視目的に応じて、時に過酷な環境下で設置することもあります

例えば雨/風/粉塵/腐食/振動などの環境からカメラを保護する必要があるためハウジングケースに収納します。そのためハウジングケースは防水/耐塵性能のほか腐食に強く軽量・堅牢なアルミニウム素材を標準採用し、遮熱/放熱対策用サンバイザー(サンシェード)まで搭載しております

また高温環境下では内部に冷却ファンを取付可能でカメラを過熱から守る一方、寒冷地環境下ではヒーターやデフロスターを取付して凍結・結露からカメラを保護します。さらに沿岸地帯では塩害腐食が懸念されるため、耐塩/重耐塩塗装仕様も存在します


【ハウジング一体型カメラ】

カメラハウジングは様々なオプションユニットを搭載できる利点はあるものの、筐体としてはやはり大きい分、強い風や衝撃にも耐えうる設計にしなくてはなりません。 また堅牢であればあるほどハウジング自体の総重量も上がるため、設置補強や落下防止策を施す専門知識や施工費負担は避けられません

そこでカメラとハウジングを一体型した設計とすることで小型/軽量化を図ったものが"ハウジング一体型カメラ"となります。外観は円筒状のデザインが多く砲弾型(英:バレット)に似ていることから別名:バレット型防犯カメラとも呼ばれます

しかしハウジング一体型設計も万能でなないため、設置環境や用途を考慮して使い分ける必要はありそうです


(取扱製品①)カメラハウジング

(取扱製品②)ドーム型ハウジング


【検索画面】に戻る

(カメラハウジングの役割)

ハウジング構成図(設置例)

一般的な構造(-_- )

一体型ハウジング構造図(詳細)

一体型の長所は軽量/小型化できること

ダウンサイジング~

ドームハウジング構造図(詳細)

なかなかユニークな形で割と大きいカメラも入る

(~_~;)

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動