このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→PLC

PLC(ピーエルーシー)

コンセント配線を利用した通信技術

電気コンセント配線を利用したネットワーク通信技術

英:Power Line Communicationの略

【コンセントLANの概要】

ローカルエリアのネットワーク通信方式は有線と無線に大別され、有線式の場合はルーター(またはスイッチングHUB)を中心としたスター接続でLANケーブルを使い各端末へ接続する必要があります。 無線式(無線LAN/Wi-Fi)では接続に必要なIDとパスワードを入力するだけで通信を確立できますが電波距離に限界があります。そこで着目したのが一般的に使用するコンセントです。コンセントは家屋のあらゆる場所に配置されておりコンセントの電気ケーブルを通信回線として利用する技術がコンセントLAN(以下:PLC)です。 PLCはコンセントから物理的に接続できるためLANケーブル引込が不要であり、また電波の届きにくい離れた場所でもローカル通信を行うことが可能です。

しかしPLC技術の発表された同時期に無線LAN(Wi-Fi)の話題性が圧倒的に高く、またスマートフォンが誕生した不運も重なり注目度は低い結果となりましたが、近年IoTの普及から再び注目されつつあります


【PLCの利点】

PLCは電気配線利用する有線式であり無線LANと比べてセキュリティ面のリスクは遥かに低く安定的です。ただし有線LANケーブルを使った接続より通信速度は劣るため、大きなデータを扱うような業務的使用を避けたほうが望ましいです


【PLCの注意点】

電気配線はデータ通信を想定していないため電気ノイズに影響されやすい特徴があります。また同系統コンセントに消費電力が大きい家電は電気ノイズが発生するため通信速度が極端に低下します。 他にもブレーカー別系統への接続/タコ足接続なども信号減衰が大きくなるため使用環境に気をつけなければなりません


【関連項目】スイッチングHUBとは

【検索画面】に戻る

(PLCの注意点)

PLC通信に影響を与える要因リスト(リスト)

色々ナイーブ

やれやれ・・・

ネットワークカメラで起きたPLC通信障害事例(詳細)

映像が分かりやすい

ご覧ください

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動