このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→DNR

DNR(デジタルノイズリダクション)

デジタル信号処理で映像ノイズを除去

カメラなどで撮影した映像に発生するノイズを除去するデジタル信号処理技術のこと

英:Digital Noise Reduction。(略):DNR

【撮像素子と映像ノイズ】

カメラなど撮影機材は撮像素子が受けた光を電気信号へ変換し画像を再現します。しかし光の乏しい暗いシーンほど映像ノイズが発生する特徴があり、一定以上の画質を保ち撮影するための基準として必ず最低被写体照度が明記されています。 この映像ノイズをデジタル信号処理で除去することで暗いシーンでもより鮮明な画像を再現することが可能です。特に夜間撮影が重視される防犯カメラでは基本的な撮影機能です


【DNRの基本原理】

カメラで撮影される映像信号にはノイズが全くない”原信号”と、原信号に関係なく散らばった”ランダムノイズ信号”が含まれます。原信号は空間や時間的に強く画像ピクセルに関わり合いますが、ランダムノイズ信号自体はこれらに該当しない性質があります。そこで原信号ピクセルを基準としてコマ画像の縦・横に発生するノイズを除去する処理技術を空間フィルター(2D-DNR)と呼びます

次に各画像フレームを時間方向に違いを分析してノイズを除去する処理技術を時間フィルター(3D-DNR)と呼び映像を鮮明化します

しかし空間フィルターは被写体撮影に強い反面、被写体の輪郭ボケが発生します。また時間フィルターはノイズを強力に除去できる反面、動く被写体には残像が発生する副作用があります。この2つの処理技術を組合せるとノイズ除去に大きく貢献できるため、現在殆どのハイエンドカメラに搭載されており低照度環境で鮮明な画像を生成します


【関連項目①】撮像素子とは

【関連項目②】最低被写体照度とは


(取扱製品)ナイトビジョン防犯バレットカメラ(ICS-AH330)


【検索画面】に戻る

(DNRの効果を検証)

通常映像とノイズ除去映像を比較してみる(詳細)

久々にキタ~!(^^)

用意したのはカメラ・モニター・適当な空き箱。これだけあればOK

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動