このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→DNS

DNSとは

DNSには様々な種類がある

インターネット上において変動するグローバルIPアドレスに対し、固定のドメイン名へ接続するサービスのこと

英:Domain Name System。(略):DNS

【通信端末とドメイン名】

インターネットを利用する場合、各端末がインターネット網のどこにいるのか特定しなくてはいけません。通信を確立させるためにはインターネット上の住所(IPアドレス)を各端末に振分けておく必要があります。 しかしIPアドレスは数字/英文字の羅列であり人が識別し管理することは困難です。そこでIPアドレスを憶えやすい名前に変換する機能がドメインネームシステム(以下:DNS)です。 例えば、最低12ケタ以上の数字/英文字から成るIPアドレスを(xxx.jp)や(xxx.com)といった名称に変え、特定のIPアドレスに関連づけます。この変換する仕組みのことを名前解決といいます


【グローバルアドレスとDNSの関係】

インターネット網は世界中で繋がっており、住んでいる国や通信プロバイダーによってあらかじめ利用できるIPアドレス範囲が決められてます。これをグローバルIPアドレス(以下:WAN側アドレス)といいます。 WAN側アドレスは効率面・管理面の事情により日々動的に変更されます。しかしプロバイダーとの契約で生成された固定のドメイン名は変更することはありません。このドメイン名とWANアドレスを監視、関連づけるのがDNSサーバーです。 DNSサーバーはプロバイダー管理下の元、世界中のサーバーが協調してWAN側アドレスとドメイン名を結びつける働きを行います


【固定IP接続】

自宅サーバー公開など特定の情報端末を外部から接続しようとする場合、サーバー設置先のWAN側アドレス情報を把握した上で終端装置(ルーター)へポート転送設定を行う必要があります。 しかしWAN側アドレスは動的に変わる特徴があり、またDNSサーバーはプロバイダー契約のドメイン名までしか監視しません。特定端末の通信を維持するためにWAN側アドレスの固定化(以下:固定IP)を行う必要があります。 なお固定IPはプロバイダーのオプションサービスであり料金・サービス内容は多少異なりますが、契約期間中は固定(静的)アドレスを使い通信を維持可能です


【動的DNS接続】

固定IPを使用しない外部接続として、ダイナミックDNS(以下:DDNS)サービスを利用する方法があります。仕組みとしてホスト名+DDNSサービス名(例:xxx.netなど)を組合わせて新しいドメイン名を作成します。 このサービスはプロバイダーDNSと異なり登録されたホスト名の管理及びWAN側アドレスの監視します。WAN側アドレスに変更があった場合は、特定のドメイン名へ接続できるよう通知を行い通信を維持します。 なおサービスを開始する際にはあらかじめ登録したホスト名をルーター(または対象端末)に入力、かつポート転送設定を行っておく必要があります


【関連項目】IPアドレスとは

【検索画面】に戻る

(DNSのはたらき)

ドメインネームがなぜ必要か説明(詳細)

最近4コマ多くね?

(;゚Д゚)ハッ!

ドメイン名の種類と使用先を調べてみた(詳細)

こんなドメイン知ってる?

けっこう意味深・・・

通常映像とノイズ除去映像を比較してみる(詳細)

DNSサーバーが無いとネット上で迷子です・・・

(((;゚Д゚)))ガクブル

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動