このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→PoE

PoE(ピーオーイー)

LANケーブルから電力を供給

LANケーブルを利用した電力供給技術

英:Power over Ethernetの略

【PoEの概要】

2003年に米国電気電子技術者協会:IEEE(アイトリプルイー)で定めた標準規格でネットワーク端末側へ電力供給する技術です。 有線ネットワーク標準規格(イーサネット規格)では、PoE機能を搭載した中継装置であるスイッチングHUBからアクセスポイント/IP電話機/ネットワーク防犯カメラなどの受信側装置をLANケーブルで接続して通信と電力供給を同時に行います。 これによりコンセント確保が難しい場所でも簡単にローカルネットワーク構築が可能です


【電力供給の仕組み】

PoEハブなど給電側装置(Power Sourcing Equipment/以下:PSE)に接続すると先に受信装置(Powered Device/以下:PD)の検出を行いPDがPoE対応の場合、PSEは次にPDの電力クラスを識別し電力供給を開始します。 電力の供給ラインはLANモジュール端子(RJ-45)1/2/3/6番ピンの通信用ペア線に重畳伝送するモードAと、予備ペア線である4/5/7/8を使用したモードBがあります。 なおPoE非対応の受信装置を接続した場合、電力供給は行わず通常のデータ通信のみ開始します


【PoE規格】

PoE(IEEE802.3af)は1ポートあたり最大15.4Wの電力供給が可能でPDの種類により供給量が異なります。PoE+(IEEE802.3at)では1ポートあたり最大30Wの電力供給が可能で通常より消費電力の高いPDへ使用します。 機能例の1つがPoEパススルーで、パススルー対応PDはPSEより受電しつつ更に配下のPDへ電力供給することが可能です。 また2018年に規格化されたPoE++(IEEE802.3bt)では1ポートあたり最大90Wの電力供給を可能にした高出力型でツイストペアケ―ブルを全て使い電力を供給します。なお各PoE規格は下位互換性を持ちPDによって最適な電力を供給します


【PoE注意点】

ネットワーク伝送規格上におけるケーブル敷布距離は最大100m以下とされていますがPoEは70m以下が推奨です。 これは細いツイストケーブルに比較的大きな電力を伝送しているため敷布距離が長いと電圧降下や過熱事故をひき起こしてしまう恐れがあるからです。 またケーブル素材も製造元で若干バラつきもある理由からLANケーブルは標準でカテゴリー5以上を使用し敷布距離マージンを超えないような構築が必要です


【関連項目①】スイッチングHUBとは

【関連項目②】ネットワークカメラとは

【関連項目③】ケーブル補償とは


(取扱製品)PoEハブ


【検索画面】に戻る

(PoEを考察)

PoEは規格と給電能力が決まっている(詳細)

ん~スゴい技術!

( 一一)

LANケーブルのどの端子から電力を送るのか?(詳細)

意外にナゾ…

ならば検証!

LANケーブルにはストレートとクロスがありどちらもPoEが使える仕組み(詳細)

クロスケーブルってあるよね

イケるの?

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動