このページではJavaScriptを使用しています。

防犯機器のことならOESへお任せください!

株式会社OES 【防犯機器のエキスパート!】

(検索)🏠ホーム防犯用語辞典→バリフォーカルレンズ

バリフォーカルレンズ

オートフォーカス機構

焦点を手動調整するカメラレンズ

英:Varifocal Lens

【レンズの仕組み】

自動で被写体焦点を合わせるオートフォーカスパンフォーカスレンズと違い、手動で焦点を可変させるレンズです。2枚の凹凸レンズ距離を変化させ最適な被写体撮影を行います。 最も外側のレンズは焦点調整、2番目のレンズは遠近調整の役割があります


【バリフォーカルレンズの長所】

オートフォーカスに比べると内部機構は単純で軽量かつ安価です。撮影用カメラより防犯カメラ分野で多く使用され、中でも基本的デザインであるBOX型カメラに使います。レンズは脱着式のため撮影用途に合わせたF値ズーム比など変更可能。調整後は固定焦点となるため映像監視に向いたレンズといえます


【関連項目①】オートフォーカスとは

【関連項目②】パンフォーカスとは

【関連項目③】F値とは

【関連項目④】ズーム比とは


(取扱製品①)BOX型防犯カメラ(BXC-2MAH)

(取扱製品②)BOX型ネットワーク防犯カメラ(IPC542E)


【検索画面】に戻る

(レンズ調整のコツ)

バリフォーカルレンズ焦点調整のコツとは(調整)

高画質ほどシビア!

基本慌てず・・・

低照度で焦点がズレる場合の対策(詳細)

上手くいかない時は・・・

(-_-;)

防犯カメラ映像配信中

サイトマップ

上へ移動